八 極 真 功 武 舘

スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


易筋経

軟架子・達摩易筋経


  易筋経は八極門の絶技の一つとされている、純粋な柔功である。
全部で8段あり、各段の長さがすべて違い、内容が豊富で、難度が高い故に、
とても功夫を必要とされる。八極門ではこれをすべてを習得する者も少ない、
理由の一つは難度が高い、二には「不易伝」(容易に人には伝えない)。
今では殆んど残缺不全で、全部の套路を知る者も少ない。
  かつて霍慶雲老師曰く「神槍李書文老師は、当年常に毎日深夜遅くまで易筋経を練習し、
これの奥妙を得たという。」
  易筋経は「練精化気、練気化神、練神還虚」を練る気功の拳法でもある。
                              斉徳昭老師『八極拳譜』より
森本真功      
 斉老師は特にこれを重視し、弟子以外には全套路を伝える事は禁じられていた。



*Edit TB(0) | CO(-) 


~ Trackback ~


Back      Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。