八 極 真 功 武 舘

スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


フォト紹介

劈掛掌


皆さんこんにちは。
真功武舘 教練の田村です。
朝晩、本当に寒くなりましたね。
私は、こんな寒さも大好きです。この冷え込みの中で練習すると、身も心もキリッと引き締まる気がします。
さて、今週の朝日カルチャーでは、八極拳に加え劈掛掌と蟷螂拳を練習しました。
劈掛掌。名前の由来は掌を鞭のように振り降ろす動作「劈」と逆に振り上げる動作「掛」から来ており、蛇の身のこなしに鷹の羽ばたきと形容されるダイナミックな拳法です。
接近単打で直線的な八極拳と放長撃遠で曲線的な劈掛掌はお互いの欠点を補う事から一緒に練習される事が多く、「八極に劈掛を加えれば鬼神もこれを恐る」と言われています。
我が真功武舘でも、八極拳に併せて劈掛掌を習う事が出来ます。興味のある方は是非見学に来て下さい!
真功武舘で検索!


以下は蟷螂拳


*Edit TB(0) | CO(-) 


~ Trackback ~


Back      Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。